ひぃたの就活・転職支援

就職活動の面接は一緒に働きたいと思ってもらうことが重要!~ひぃたの就活・転職支援 第21話~

面接で好印象も持ってもらうには

ほとんどの会社が面接を重視して決めているといってもいいでしょう。

無事に就職活動を成功させるためには、履歴書の出来栄えも大事ですが、何よりも面接をどのように臨むかが重要です。

採用面接では細かな技術がたくさんありますが、それらは相手を騙す意図を持つものではありません。

相手の企業がこの人を採用したいと思ってくれるかが、面接では一番大切なポイントと言えるでしょう。

どのように上手く自己PRを折り込みながら話をすることができるかが、面接の場では大切になります。

相手にどう見られるかという点に注意をして面接を受けることで、面接試験でよりよい結果を出すことが可能になるでしょう。

事前準備や企業研究はもちろん重要なことですが、相手の印象を良くするためには意識したいことがあります。

落ち着いた態度や口調で、自分が前向きで社交的な人間であるという印象を出すことができれば好印象を持ってもらえます。

就職先探しに躍起になっているとついつい失念しがちですが、面接を受けることが目的ではありません。

面接自体が目的ではなく、面接の場を通じて相手に好印象を持ってもらい、一緒に働きたいと思ってもらうことが大事です。

声のトーンや大きさ、話す時の表情の動きなどを少し意識するだけでも、相手が抱いてくれる印象はガラッと変わります。

何を話すかももちろん重要になりますが、話をする時の雰囲気にも注意をすると面接が受けやすくなりますよ。

ABOUT ME
ひぃた
ひぃた
のんびり屋の31歳。 きっと、皆様の役に立つ情報をご紹介しています。MIYOUを見て『〇〇してみよう!』と思っていただけると嬉しいです。真面目な記事、少しゆるい記事など色々書いています。
こちらの記事もおすすめ!