メルカリの達人

【メルカリの達人になろう 第四話】メルカリで売れやすい出品方法は?・メルカリのトラブルと対処法とは?

7.メルカリで売れやすい出品方法は?

今回は、メルカリで売れやすい出品方法についてお伝えします。

おさらいですが、メルカリは日本最大級のフリマアプリです。

この『メルカリの達人』になろうシリーズを最初から読んでくださっている方は、メルカリアプリを入れている方がほとんどだと思いますが、先述した通り、メルカリは『日本最大級のフリマアプリ』という事で、出品者も購入者も数が半端ではないということを心しておかなければいけません。

なぜなら、毎日何万点という商品が出品されていますので、自分の出品した商品がすぐに埋もれていくことが多々あるという事だからです。

もちろんユーザーが多ければ買い手も付きやすいのですが、その反面買い手が付かないと日々出品されていく商品の中で自分の商品が古くなって埋もれてしまう可能性があります。

せっかく出品したからには売れてほしい。

そのために、商品がれやすい出品方法をご紹介しようと思います。

どんな方法?

大切なのは、出品するタイミングです。

タイミングとしては平日なら昼間、もしくはランチタイム前に合わせます。

ユーザーがスマホをよくいじる前のタイミングを見計らいましょう。

ただ、働いていると日中に出品作業をするのは難しいですよね。

その場合は夜間でも構いません。

夜、家に帰ってからチェックする方もたくさんいますし、朝の通勤・通学の時間にチェックする方が多い商品なら、なお良いかもしれません。

また、休日の出品はイチオシのタイミングです。

見ているユーザーが多いほど買い手も付きやすくなります。

タイトルや商品説明は詳しく書きましょう。

これに関してはユーザーの検索に引っかかりやすくなるので、商品説明が詳しければ即購入。という流れにも繋がります。

購入する人の流れ、タイミングを読んで出品するのが売れやすくするためには必要です。

8.メルカリのトラブルと対処法とは?

メルカリは個人と個人の取引なので色々なトラブルが起きることがあります。

出品側に関しても、送ったけど受取連絡がない、状態やサイズが説明と違うというクレームが来た、偽物だったと言われる、出品したのに削除されてしまう、金額を間違えて出品してしまったなどです。

このようなトラブルの時は落ち着いて、まず事務局に連絡しましょう。

メルカリの良さは事務局の対応が親切という事です。

連絡方法はアプリのメニューから『お問い合わせ』を選択して、書いてある通りに情報を送れば対応してくれます。

私の経験上、だいたい24時間以内には返事と対応をしてくれます。

なので、まず絶対にしてはいけないことは対応の仕方が分からないからと、購入者の言いなりになってしまうことです。

例えば、内容と違うから返品したいと言われても、そのことが客観的に見てキャンセルに該当するのかどうかという事を事務局に連絡して確認してもらった方が良いでしょう。

相手がただ商品を気に入らなかった場合でも、こちらの評価が少ないと言いがかりのような事をされてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

メルカリはシステム上、相手が受取評価をしないとこちらに売上金が入って来ません。

それを逆手に取って強気でくる購入者は多いので、評価が積み重なって慣れてくるまでは何かトラブルがあったら必ず事務局に相談して、対応してもらうようにしましょう。

ABOUT ME
ひぃた
ひぃた
のんびり屋の31歳。 きっと、皆様の役に立つ情報をご紹介しています。MIYOUを見て『〇〇してみよう!』と思っていただけると嬉しいです。真面目な記事、少しゆるい記事など色々書いています。
こちらの記事もおすすめ!