メルカリの達人

【メルカリの達人になろう 第三話】『メルカリ』のメリットとは?・購入されやすい写真の載せ方は?

5.メルカリのメリットとは?

大変な人気を誇っているフリマアプリ『メルカリ』。

メルカリが流行る前はヤフオクなどオークションサイトが人気でしたが、今はフリマアプリのほうが人気があります。

フリマアプリ初心者でも、いらなくなったものをすぐに売ることができたり、欲しいものを安く購入できたりするのがフリマアプリの良いところだと思います。

リサイクルショップに持って行って、とても安い値段で買取されて後悔した方も、フリマアプリを利用することによって、その商品の価値に納得のいく金額で売ることができるのがメリットです。

メルカリは出品した際に10%の手数料が取られますが、他のフリマアプリよりも利用者が多く、よりたくさんの人の目に留まり、購入してもらえる確率も高いことから手数料が掛かってもユーザーは離れられないのが現状です。

洋服はもちろん、雑貨やアクセサリーなど、最近ではアイドルグッズ、アニメグッズも多数出品されているのでレア物の宝庫にもなっています。

そして、メッセージで値段交渉などをすることができるのがフリマアプリの良いところです。

出品者と直接やりとりが可能なので、信頼できるのもフリマアプリのメリットです。

リサイクルショップに持って行くよりも手間(撮影、出品、梱包、発送など)はかかりますが売れた時の喜びはなんとも言えません。

購入側になった時も、結構状態の良い洋服や電化製品、雑貨などが安く売られています。

中にはタグが付いたままの洋服や一度しか着ていないような新品同様のものが半額以上の金額で売られているので掘り出し物が多い印象です。

最近は流行が変わるのも早いので、できるだけ安く手に入れたいところですね。

友人は子供の洋服などはメルカリを活用して売ったり買ったりしているそうです。

子供の成長は早く、子供服は短期間でサイズが変わるものなので、中古で十分という方がとても多いそうです。

昔のようにバブルな時代ではないですし、ご近所付き合いが減った今だからこそフリマアプリで安く売り買いをしてママさんたちはやりくりしています。

今でも登録者数は増えているメルカリですから活用はまだまだできそうです。

6.購入されやすい写真の載せ方は?

私も長い間、メルカリで出品もしていますし、買う側でもあり、両方で利用しているので、その中で出品する時の写真の撮り方・載せ方の心がけや、買う側として購入を判断する時の判断材料も一緒に書いてみようと思います。

ちなみに、私の場合は洋服や雑貨ではなく、出品、購入どちら側でも書籍での利用が多いので、それを前提に書いていきます。

まず、フリマアプリを利用しているという事は、出品者側は早く売りたいと思うのが当たり前なので、どうにか少しでも良い値段で売りたいと思うのは当然です。

ですが、購入を検討している側が判断をする際に勘違い(汚れがあるのに『美品』など)をさせてしまう載せ方というのは、よろしくないと私は思います。

実際に、友人がメルカリで靴を購入した時にそのような目に合っていた事があったのですが、メルカリは基本的に返品・返金というルールはNGとなっています。

友人側にも不手際があったのを前提で言うのですが、頭の良いと言いますか、言葉が達者な方は屁理屈とも取れる言い回しで自分側の否は1%も認めない方も中にはいるというのが現実です。

でも、少しも否が無いことは本来あるわけがないのにな?と私は思います。

トラブルが起きてしまうということは、出品する側にだって落ち度はあるのだと思うので、私は正々堂々とした写真の載せ方をいつも心掛けています。

いくら儲けたい!得したい!という気持ちがあっても、状態の良くない物が高値で売れるわけはありません。

加工した写真や正面ドアップの一枚のみ、画質の悪いごまかし写真などでは絶対に出品しません。

『出品する』を押せば自動的に画面が進み、出品設定できるのですが、載せられる写真は最大10枚です。

以前は写真4枚まででしたが、10枚に増えました。

それを最大限に使って分かりやすい写真をごまかしなしで載せています。

どんな写真を載せるの?

まず、最低でも表紙・裏表紙・上部の3枚は載せるようにしています。

特に、3つ目に挙げた本の上部は、書籍の欠点でもある経年劣化が一番表れやすい部分だからです。

そして、そこの隠したい部分こそ、購入者は重要な判断材料としています。

ですが、初心者の方は表紙のパッと見の綺麗さで購入ボタンを押してしまう事もあるので、後々悲しい目にあったりもするのだと思います。

メルカリはオークションと違い、早い者勝ちだったりもするので、もっと分かりやすい写真を載せてくれれば良いのですが…。

もしも、後で届いてから購入者から何か言われた時は「プロフィールに中古品と書いてました」や、「購入前にコメントをくれれば良かったのでは?」等、とにかく返品は応じないと言って、購入者に不快な思いをさせ、あたかも正当であるかのような返答で言い張るのでしょう。

お互いに気持ちの良いスムーズな取り引きをするのが長く続けていくコツでもあるのだと思うので、商品撮影は文面より大事でもあると思っています。

上部の劣化は、中古と位置づけたとしても、その中でも段階があると思うので、「中古と書いているのだから落ち度は無い」ではなく、きちんとそこを写真に載せるのは本当に必要です。

余裕があれば4枚目以降の写真で側面や下部なども載せてあげれば、購入する側としてはより親切な方だなと感じます。

最近は、1枚しか写真を載せずに、購入を検討している方から「日焼けの状況を知りたいので、他にも写真を載せて貰えませんか?」とコメントされていて、明らかに意図をずらした写真で乗り切ろうとしているような、変わった撮り方をされた写真を載せている方もチラホラ目にします。

そうすると必ず「上部の日焼けの状態を見たいです。」とコメントされていて、結果的に載せる事になり、やはり劣化が目立っていたというのも見掛けました。

これではただ印象が悪くなるだけだと思うので、清廉潔白な心構えは絶対に大事です。

かなり長く書いてしまいましたが、これから出品される方には、人としての一般常識と少しの優しさを持って、商品写真を載せていただければと思います。

最後に見直して、自分がその商品を購入する側と考えた時に納得できないのなら、それは他人も同じ思いなので、面倒だなと思っても丁寧に、自分の大事にしていたものを、人にプレゼントするのと同じ気持ちでいられれば、ベストだと思います。

ABOUT ME
ひぃた
ひぃた
のんびり屋の31歳。 きっと、皆様の役に立つ情報をご紹介しています。MIYOUを見て『〇〇してみよう!』と思っていただけると嬉しいです。真面目な記事、少しゆるい記事など色々書いています。
こちらの記事もおすすめ!