ありす'sダイエット

納豆の持つパワーを有効的に取り入れよう!~ありすの楽しくダイエット 第6話~

 

ありす
ありす
ありすの楽しくダイエット 第6話です。

納豆はダイエット効果が高い

日本人にはとても馴染みの深い食べ物、『納豆』。

中には、あの納豆独特な臭いやネバネバが苦手などの理由から納豆嫌いの方もいらっしゃると思いますが、どちらかといえば納豆好きの方が多いのではないかな…と納豆好きの私としては勝手に思っております!

納豆は昔から美容に良いとされてきた食品です。

ですが、美容効果よりもダイエット効果の方が高いので、ダイエットをしようと心掛けている方はなるべく一日一回、どこかの食事の中に取り入れると良いでしょう。

私は朝ご飯の時に必ず食べるようにしています。

納豆は優秀なタンパク源として多くの方に知られています。

不足しがちなカルシウムや食物繊維なども同時に摂取できるので、ダイエットに不可欠な便秘解消や血行の流れを良くしてくれたり、脳梗塞や骨粗しょう症予防にまで、幅広い効果を発揮してくれる食べ物です。

納豆にはたくさんの効果がある

納豆に含まれている食物繊維は、中性脂肪とコレステロール値を下げてくれる効果もあるのです。

大豆を納豆菌で発酵させただけの納豆には、必須アミノ酸を多く含んでいる良質なタンパク質であり、大豆の有効成分が含まれています。

納豆は『不溶性の食物繊維』なので、腸内環境を整えてくれます。

その他に、ダイエットに効果的な主な有効成分として納豆の象徴でもある、あのネバネバの中に含まれている『ナットウキナーゼ』は、強力な血栓溶解作用で血液をサラサラにしてくれます。

『ビタミンK2』はダイエットの食事制限で不足しがちなカルシウム不足の解消、『リノール酸』は血中コレステロールを下げてくれます。

あんなに小さな粒の中に、これほどの効果が詰まっているのには驚かされますね。

大豆は発酵することによって消化性が向上して、ビタミンもミネラルも増加するだけではなく、なんとタンパク質の消化吸収率が9割以上も上がるという事は多くの方にも知られている事実なのです!

ただ、納豆の栄養素の中ではビタミンCが欠けてしまっているので、ビタミンCを豊富に含んでいるトマトを一緒に摂取する事で、理想な栄養価に近づきますよ。

細かく切ったトマトと納豆を混ぜるのも、意外と美味しく食べることが出来るので、ぜひ試してみてください。

苦手な食感や嫌いな味ではないのなら、効率的に摂取することが出来ると思います!

また、キムチと混ぜて常温で一晩置いておけば、乳酸菌が増えて免疫力や抗酸化作用がアップし、キムチ特有である唐辛子のカプサイシン効果で基礎代謝が上がります。

納豆だけの味に飽きてしまったら、納豆には含まれない効力を持つ様々な食材を使ってアレンジしていくと、楽しくおいしく納豆ダイエットを継続することができそうですね。

納豆だけ食べるのはNG

いくらダイエットのために効果的で栄養価の高い食品とは言え、納豆はノンカロリーではありません。

食べ過ぎれば当然太ります。

納豆だけでは脂肪燃焼に関しても直接的な効果はないので『納豆だけを食べていれば脂肪がなくなる』ということも残念ながらありません。

納豆だけを食べ続ける無謀なダイエットは体を壊すだけではなく、いずれ悲しいリバウンドが待っていますよ…。

普段の食生活の中に『プラスする』という感覚で、最も有効的に納豆効果をダイエット要素に取り入れていきましょう!

ABOUT ME
ありす
ありす
『ひぃた』と同じ森にいるシマリス。二人の子供のママ。 もともと太りやすい体質のため、様々なダイエット方法を日々勉強中。ダイエット記事や子育て記事を書いています。好きなことは『料理・美容・お昼寝』。
こちらの記事もおすすめ!