ありす'sダイエット

緑茶を飲んで理想のスタイルを目指してみよう!~ありすの楽しくダイエット 第2話~

 

ありす
ありす
ありすの楽しくダイエット 第2話です。

体質改善には緑茶が大切

暑い季節には冷たいお茶、寒い季節には温かいお茶…何だかんだと老若男女、我々日本人にとって緑茶とは切っても切れない仲なのでしょう。

一年のうちに一度も緑茶を飲まなかった方は少ないのではないでしょうか?

アジア人は世界の中でもお茶を良く飲む人種で、どちらかというと人口の割合からしてスリムな方が多いかと思います。

その理由は、日頃から摂取しているお茶の効果が高いからということはあまりにも有名な話です。

個人の体質や生活習慣の問題はもちろんありますが、やっぱりお茶を好んで飲む人と飲まない人では、長い目で見ていくと体型に差が出てくると思います。

緑茶が緑色をしている理由は?

緑茶は貴重なお茶です。

世界中でお茶というと葉っぱを乾燥させて作るため、茶色の葉っぱが主流ですが、緑茶は鮮やかな緑色です。

海外ではその名の通り『グリーンティ』と呼ばれています。

実は、この緑色こそがダイエットに効果的な成分をたっぷりと含んでいるのです。

緑茶にたくさん含まれている『緑茶カテキン』は体脂肪燃焼効果が高いと言われ、ダイエットに大きな役割を果たしてくれます。

緑茶が緑色をしている理由は、緑色色素の葉緑素があるからなのです。

クロロフィルと呼ばれるものです。

普通のお茶は乾燥させて作るので酸素が活性し、葉っぱに含まれる酸化酵素で酸化するので茶色に変色します。

ですが、緑茶は蒸して炒ってと熱を加えて酸化酵素の力を抑えて酸化を止めるので、鮮やかな渋みのある緑色が残るのです。

なので、熱いお湯を注ぐと綺麗な薄緑のお茶が出来上がるということです。

緑茶カテキンがウエストを細くする

この作業をして葉っぱの酸化を止めて、緑色を残すことを「殺青」と言います。

他の茶色いお茶は殺青をしないので、酸化して茶色になるというわけなのですが、青緑色を残すための作業が、『青を殺す』と書くのは何だか不思議ですね。

なぜなのでしょうか?

青い緑茶の酸化酵素を無くすという意味ではないかと思いますが、お茶一つとっても奥が深い世界です。

このようにして出来上がった緑茶の成分である、『緑茶カテキン』がダイエットに効果的と説明させていただきましたが、主にウエストを細くする効果があるそうですよ!

ウエストを細くなんて…とても心揺さぶられる響きですよね?

どうしても自己流ダイエットをしていると、自分が痩せたいところを部分的に細くすることって結構難しいと思いませんか?

痩せたいところとそうでないところが同じように減ってしまって、スタイル的にはただサイズが小さくなった感じであって、スタイルが良くなった!という結果になることを経験した方は少ないのではないでしょうか?

ダイエット方法も間違えてしまうと、ダイエット前に自分が想像したスタイルとは別の方向に行ってしまう可能性もあります。

ダイエット開始すると同時に、しっかりと身体の作りについて勉強!なんてことまではしなくても良いと思いますし、そんな時間使う必要もないと思いますが、最低限の知識だけは必要だと思います!

自分の理想的なスタイルに近づくためにも、必要な知識をしっかり吸収して、無駄な贅肉は排除していきましょう!

ABOUT ME
ありす
ありす
『ひぃた』と同じ森にいるシマリス。二人の子供のママ。 もともと太りやすい体質のため、様々なダイエット方法を日々勉強中。ダイエット記事や子育て記事を書いています。好きなことは『料理・美容・お昼寝』。
こちらの記事もおすすめ!