ありす'sダイエット

梅干しのクエン酸効果で血液をサラサラに!~ありすの楽しくダイエット 第11話~

クエン酸で血液をサラサラに

日本の食生活には欠かせない「梅干し」。

皆さんも子供の頃から知っている、付き合いの長い食材の1つではないでしょうか?

梅干しは昔から高い殺菌作用があると言われ、老若男女問わず愛されてきました。

皆さんの口の中には、梅干しの写真を見ただけでもう唾液が出始めていませんか?

あの酸っぱい梅干しをイメージするだけで、不思議と口の中は唾液があふれてきますよね?

梅干しの酸っぱい成分の元になっている『クエン酸』は、高い抗酸化作用で血液をサラサラにしてくれます。

血液サラサラ効果は、ダイエットには必要不可欠ですよね?

体脂肪を溜め込まない働きや疲労物質排除など、小さな梅干し1粒でも、ダイエットに嬉しい作用がたくさん詰め込まれているありがたい食材です。

意識して摂取していくことがダイエット効果の期待できる体質改善の近道になるでしょう!

梅干しの殺菌作用効果

人間の胃は通常は酸性なので、入ってきた菌を消滅する働きがありますが、体調不良などでその働きが十分に発揮できない時は、侵入した菌が胃を通過してしまいます。

胃を通過してしまった菌は腸へと流れていくのです。

菌が腸へ移動してしまうと病気になりやすい環境が出来やすくなってしまうので、さらなる体調不良の恐れがあるそうです。

体の調子が崩れてしまうと、もちろんダイエット機能である基礎代謝や新陳代謝が弱まってきてしまうので、痩せやすい体質作りに影響が出てしまうでしょう。

体調不良の時に体重が減るのは『体が弱った』だけですので、痩せたと喜んでいるのは間違いです。

体調が戻った時には、弱ってしまった“体の異常事態”に細胞達が働きだすので、リバウンドにも似た症状が出てしまいます。

“弱った体に栄養を入れなければ!”という動きが出てしまうので、摂取した食事の体への吸収率はリバウンドの時と同じ状態になってしまうのです。

このようなことを防ぐためにも、梅干しの驚異的な殺菌作用が大きな効果を発揮してくれるのです!

梅干しを焼くといい?

普通に梅干しを摂取しても殺菌作用を通してのダイエット促進効果が期待できますが、さらに梅干しを『焼く』ことによって、新たなダイエット作用が期待できます!

時間のある方は、若干手間は掛かりますが、ぜひ『焼き梅干し』を試していただきたいと思います!

手間と言ってもただ焼くだけなので、そんなに時間を取られることもないでしょう。

アルミホイルに梅干しを包んで、オーブントースターで15~20分ほど加熱するだけで完成です。

また、フライパンの上でコロコロ転がしながら焼く方法もあります。

フライパンで焼くときは油をひいてはいけません。

そのままコロコロ焼きましょう。

梅干しに熱を加えることによって『クエン酸』が化学反応を起こし、『ムメフラール』という血液の流れをさらにスムーズにしてくれる作用が発生するのです!

血行が良くなることで老廃物の回収が早くなると言われています。

老廃物が減ることで体中の活性化が始まるので、必然的に基礎代謝が上がって痩せやすい体質へとなっていくのです!

おばあちゃんの作った酸っぱい梅干しが恋しくなった方もいらっしゃると思います。

日本にいれば簡単に手に入る梅干しを積極的に摂取して、綺麗な体型を目指しましょう!

ABOUT ME
ありす
ありす
『ひぃた』と同じ森にいるシマリス。二人の子供のママ。 もともと太りやすい体質のため、様々なダイエット方法を日々勉強中。ダイエット記事や子育て記事を書いています。好きなことは『料理・美容・お昼寝』。
こちらの記事もおすすめ!