ブログ作成

【画像解説有】新グーグルサーチコンソールのドメインプロパティ追加方法を調べてみよう。(DNSレコードのドメイン所有権の確認)

ドメインプロパティとは?

Google Search Consoleにドメインプロパティが追加されました。

このドメインプロパティを利用すると、http、https、www有り、www無し、サブドメイン、サブディレクトリなどのデータを一度に確認することができます。

今までは、それぞれ別のプロパティを作成する必要があり、それぞれのプロパティを作成後にプロパティセットを作成し、まとめなければ一度に確認することができませんでした。
ですが、このドメインプロパティを利用すれば、面倒な作業を省くことができるようになりました。

ドメインプロパティとURLプレフィックスの違いは?

Google Search Consoleで新規にプロパティを追加をクリックすると、ドメインプロパティとURLプレフィックスのどちらかを選択する画面が出てきます。

ドメインプロパティでプロパティを作成すると、同じドメインのデータを一度に確認することができます。

URLプレフィックスでプロパティを作成すると、今までのSearch Consoleと同様に、http、https、www有り、www無し、サブドメイン、サブディレクトリなどのページのデータごとのプロパティで確認することができます。

では、設定方法を見ていきましょう。

ドメインプロパティ追加の設定方法。(DNSレコードのドメイン所有権の確認)

  1. 新Google Search ConsoleでTXTレコードを発行する
  2. サーバー管理画面でDNSレコードを追加する
  3. 新Google Search Consoleで所有権を確認する

新Google Search ConsoleでTXTレコードを発行する

今回は左のドメインプロパティを選択します。

1.入力欄にサイトのドメインを入力し、『続行』をクリックします。

2.『DNSレコードでのドメイン所有権の確認』画面が出て来るので、コピーをクリックしてTXTレコードを発行します。

右下の「確認」ボタンは次の項目のDNSレコードの追加が終わってから押しますので、まだ押さないでください。

サーバー管理画面でDNSレコードを追加する

ここからはレンタルサーバーのサーバーパネルにて設定が必要になります。

このブログはエックスサーバーを使用しているためエックスサーバーでの設定方法になりますが、他のレンタルサーバーでもほぼ同様の設定になるかと思います。

1.サーバーパネルにログイン後、ドメインメニューの中の『DNSレコード設定』をクリックします。

2.該当のドメイン名の『選択する』をクリックします。

3.『DNSレコード追加』をクリックする。

・ホスト名→空欄のまま。

・種別→『TXT』にする。

・内容→先ほどコピーした『TXTレコード』を貼り付ける。

完了したら、『確認画面へ進む』をクリック。

4.↓の画面が出たら設定は完了です。

新Google Search Consoleで所有権を確認する

ここまで来たらもうすぐです。

1.新Google Search Consoleの画面に戻って、『DNSレコードでのドメイン所有権の確認』画面の『確認』ボタンを押します。

レンタルサーバーでのDNSレコードの設定が完了してから、5、6分程待たないと認証できません。

↓の画面が出てしまったら少し待ちましょう。

2.少し待ってから再度『確認』ボタンを押すと認証が完了します。

最後に…

最後に新Google Search Consoleの設定をクリックして、『あなたは確認済の所有者です』になっていることを確認できたらすべて終了です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

画像を多めにして、初心者の方でもなるべく分かりやすく説明してみました。

設定方法が分からない!となったときに役に立てば嬉しいです。

ABOUT ME
ひぃた
ひぃた
のんびり屋の31歳。 きっと、皆様の役に立つ情報をご紹介しています。MIYOUを見て『〇〇してみよう!』と思っていただけると嬉しいです。真面目な記事、少しゆるい記事など色々書いています。
こちらの記事もおすすめ!